注意!!!成長痛、オスグッドの間違ったストレッチ!! | 焼津で地域NO1のすぎうら接骨院

サイトマップ
静岡県焼津市田尻北190(すぎうら接骨院)
054-631-7701

注意!!!成長痛、オスグッドの間違ったストレッチ!!

2016年05月30日

 おはようございます。

 

今回のブログ担当は太田です。

 

5月も最後の週になりました。

新しい環境の変化に慣れ5月病の方も、やる気がみなぎる頃ではないでしょうか。

 

 

 

さてさて、最近のすぎうら接骨院では、小学生、中学生の患者さんが多くいます。

 

主訴としては膝、かかとが運動の後に痛くなってしまう、との症状。

整形外科ではオスグッドと診断名がつく成長期のスポーツ障害です。

 

 

原因として姿勢不良、筋肉の柔軟性の低下があげられ、休んでいれば症状は治まっているが、また運動すると痛みが出てしまう、というものです。

 

 

整形外科の先生からはももの前面をストレッチを入念にしなさいとの指示が出ます。

一生懸命グイグイと筋肉を伸ばしている学生も多いのではないでしょうか。

 

 

 

今頑張っているそのストレッチ、

間違ったストレッチ

かもしれません。

 

 

 

 

 

 ストレッチで大事なこと・・・

 

 

 

正しいストレッチにする為に大事なポイント、それは時間と負荷になります。

 

時間=練習後、お風呂上がりに30秒~60秒

 

負荷=痛くない、心地よい感度を保つ。

 

 

 

頑張って痛みを我慢して行うストレッチに意味はありません。

 

意味がないどころか悪化させてしまう可能性が高くなります。

 

 痛みが出ているのに無理をして伸ばすストレッチは逆効果です。

「痛い!」という刺激は、体がSOSのサインを出しているのです。

 

それを無視して、とグイグイ伸ばしていると、オスグッドは一向に改善できません。

 

 

ストレッチの目的は筋肉を緩ませて柔軟性を上げることです。

伸ばす事ではありません!!

 

 

心地よい刺激は副交感神経が優位に働き筋肉を緩めてくれます

力任せのストレッチより早く体が柔らかくなります。

 

 

 

5月から仲間に加わった田口さんに3つの姿勢でストレッチをしてもらいました。

 

001 002 003

 

 

 

  ストレッチの姿勢は自分に馴染んだもので構いません。

 

 

大事なことは、心地よいを目安に痛い所まで伸ばさない、呼吸を止めずリラックス状態で行うことを意識することです。

 

 

今あなたが行っているストレッチを一度見直してみてください。

 

>>オスグッドの治療方法はこちら

 

 楽トレ猫背矯正骨盤矯正ハイボルト療法

交通事故治療

【診療時間】

月~土 午前8:30~12:00

     午後14:30~19:00

休日  日曜・祝日・木曜午後

TEL 054-631-7701

 

 

 

 

 



  • よくあるご質問
  • メールフォーム

スタッフブログ一覧へ戻る

焼津のすぎうら接骨院 facebook

どんなことでもお気軽にご相談ください

  • よくあるご質問
  • メールフォーム

静岡県焼津市田尻北(JR東海道本線「焼津駅」から4.2km)駐車場5台分完備