むちうち | 焼津で地域NO1のすぎうら接骨院

サイトマップ
静岡県焼津市田尻北190(すぎうら接骨院)
054-631-7701

むちうち

むちうち

交通事故の症状として扱われる「むちうち」の正式名称は「外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)」「頸椎捻挫(けいついねんざ)」です。この正式名称は病院での診断名として扱われますが、一般的には「むちうち」として認識されていることがほとんどでしょう。
むちうちの厄介な所は症状がすぐに現れない所で、レントゲンなどで検査をしても異常が見つからず放置してしまうケースが多く有ります。
そのため、初期の対応が遅れ後々慢性型の症状に陥り長い間悩まされるということが起きてしまうのです。

むちうちの原因

身体に急な衝撃が起きた時、首の運動が追いつかず、頭の重みでムチがしなるように首が前後し不自然な負荷がかかってしまいます。これにより首周りの筋肉・靭帯・椎間板・神経などが損傷し、「むちうち(頚椎捻挫)」の様々な症状が現れます。
激しい衝撃を伴うスポーツにも起こりやすい症状ですが、交通事故によるむちうちの症状はとても多く、場合によっては症状が重く、後遺症が残ってしまうこともあるので注意が必要です。

むちうちの後遺症に悩まされないために

seitaishi_woman
後遺症に悩まされないために、交通事故に遭われた際は事故直後には症状を感じなくとも治療を受け、適切な対応を受けることが大切です。

焼津のすぎうら接骨院は、豊富なむちうち治療の実績があり、国家資格を取得した専門家による適切な施術を行っておりますので安心してご来院ください。

 

 

 

 

むちうちのさまざまな症状

肩をもむ女性

  • 頚椎捻挫型
    むちうちで来院されている方に最も多く見られるのがこの症状です。
    頸椎付近の筋肉が刺激を受けたことが原因で筋肉が緊張してしまい、首周りの痛みをはじめとした、頭痛やめまい、吐き気、脱力感や手足のしびれなどの症状がみられます。
  • 神経根症型
    神経根と呼ばれる頸椎を通る神経部分が、事故による刺激を受け歪みや圧迫状態になることで、手足のしびれ、頭痛、脱力感などの神経系からくる症状がみられます。
  • 脊髄症型
    この症状は、元々首を痛めている方に多くみられる症状です。事故によって刺激を受けたことによって、元々の症状と重なって脊髄を痛めることがあります。症状としては、身体全体に渡る痛み、手足のしびれ、脱力感、自律神経失調などが挙げられます。
  • バレ・リユー症状型
    事故による刺激を受けた際に、神経の損傷によって自律神経が刺激を受け続ける状態に陥ってしまい、めまいや吐き気などの症状が発生します。
  • 脳髄液減少症
    脳髄液減少症は2つの「低髄液圧症」と「髄液漏出症」タイプに分けられます。
    交通事故など体や頭に対する強い衝撃を受けることで発症する症状は脳脊髄液漏出症と言われています。
    髄液を包む硬膜に強い衝撃で傷が入り、髄液が継続的に漏れるため、激しい頭痛や全身に痛みを与える症状が出てきます。初期症状としては頭痛がするのが特徴です。
    この症状は天候に左右されやすく、気圧によって症状の重さが変化します。また、神経の損傷がある場合は自律神経にも支障をきたし、めまいや吐き気も症状として発生します。

 

むちうちは自覚症状を覚えるのが遅い!?

20170622_1

むちうちの大きな特徴は、自律神経にまつわる症状を伴う所です。
交通事故後、そのほとんどがすぐに症状として現れないことが多いです。
目立った(大きな)外傷もない場合は2~3日経過してから症状を覚えるパターンがよくあります。
普通の外傷の場合ですと、すぐに痛みや症状が現れますが、むちうちはこの点が大きく異なります。
そのため、診察を受けるタイミングが遅くなり、受診する頃には症状が進行しているというケースも多く見られます。

むちうちは早めの治療が大切

症状が進行してしまうと治療にかかる時間も長くなりますので、交通事故に遭われた場合は痛みや外傷がない場合でもすぐに診察を受け、適切な初期対応を受けることが大切です。
焼津のすぎうら接骨院では交通事故治療のご相談・施術も受け付けておりますので、ぜひご来院ください。

?

むちうちはなぜ病院だと「異常なし」と診断されるのか

medical_shinryou_housyasen_gishi整形外科などで診察を受けた際、身体に異常があるにもかかわらず「異常なし」と診断されたケースは非常に多いです。ではなぜそのようなケースが起こるのか・・・それは、レントゲンやMRIの特性によります。
そもそも、レントゲンやMRIでの撮影は、「骨の異常」を確認することがメインであり、筋肉の異常や頚椎の微細な異常までを捉えることが難しいです。
このため、実際には異常があっても写真にはそれが見られないため、診断を難しくしているのが現状です。

 

 

焼津のすぎうら接骨院では豊富なむちうち治療の経験と実績があり、自信を持って施術を行っております。病院での「異常なし」の診断を鵜呑みにせず、後遺症に悩まされる前に、ぜひ一度ご相談ください。

 

むちうちの改善方法(ワンポイントアドバイス)

kansetsutsuu_kubiむちうちに最も効果的な処置は「早期治療」です。
交通事故後などにできるだけ速やかに検査を受け、当院、「焼津のすぎうら接骨院」にご相談いただければと思います。
事故後に痛みを感じない場合でも、むちうちは1週間~2週間後に激痛が襲う場合があります。どうしてもむちうちの検査や治療にすぐに向かえない場合は、とにかく安静に過ごしましょう。

 

 

 

 

むちうちの応急処置

前述したように「早期治療」がむちうちの処置には何よりも大切ですが、すぐに接骨院・病院に行けない場合の、自宅での応急処置をご紹介します。

 

①患部を冷やす
患部が腫れ、痛みが伴う場合は炎症が起きています。氷嚢などで患部を冷やすことで炎症が鎮静され、痛みを緩和させることができます。湿布にも炎症を抑える効果があるため、一時的な湿布の使用も有効です。

 

②患部を固定する
むちうちの多くの場合は首の痛みを伴いますが、無理に動かしてしまうと悪化の恐れがあります。
首を動かさないようにフェイスタオルなどを首に巻き、固定しておくことで悪化を防ぐことが可能です。

 

患部を揉んだり温めたりすることも悪化の原因となり、さらにむちうちの治りが遅くなる場合があります。
上記のような応急処置を行い、安静に過ごしましょう。
そして、出来るだけ早めに焼津のすぎうら接骨院にお越しください。

 

 

焼津のすぎうら接骨院ならではのむちうち治療について

image_bolt_07焼津のすぎうら接骨院では、国家資格の技術と最先端の治療機器でむちうちに対する最適な治療を行います。

痛みはハイボルト療法で取り除き、徹底した再発防止の生活指導やセルフケアを教えていきます!
また、当院では自賠責保険を適用することで自己負担金0円で通院することが可能ですので、安心して治療に専念することが可能です。
詳しくは?交通事故治療ページ?よりご覧ください。



  • よくあるご質問
  • メールフォーム

対応症状一覧へ戻る

焼津のすぎうら接骨院 facebook

どんなことでもお気軽にご相談ください

  • よくあるご質問
  • メールフォーム

静岡県焼津市田尻北(JR東海道本線「焼津駅」から4.2km)駐車場5台分完備