オスグット | 焼津で地域NO1のすぎうら接骨院

サイトマップ
静岡県焼津市田尻北190(すぎうら接骨院) 054-631-7701

オスグット

10014871100_s

オスグットの正式名称はオスグット・シュラッター病といいます。整形外科や一般的な治療院では成長期に発症することが多いことから成長痛と言われています。

オスグットが発症する原因は、太ももの前側にある筋肉の付け根が何らかの原因によって引っ張られて炎症を起こす事で起こります。

 

image (2)どこの筋肉なのか図を見てください!

青い線で囲った所の筋肉が黄色い○で囲った場所を引っ張ることで壊れてしまいます。

青い線で囲った筋肉は大腿四頭筋(大腿直筋)といいます。

この筋肉の役割は膝を伸ばす働きやももを上げる時に使う筋肉です。

 

オスグットは一度の力で発症することは極めて稀で、繰り返し沢山使う事で付け根に炎症を起こすことがほとんどです。早い子は小学生高学年から高校生までの良く走るスポーツを行っている子に発生しやすいです。

初期の症状としては膝のお皿の下やももが突っ張った感覚が出てきます。そののちに踏ん張る瞬間や階段などの上り下りで体重をかける際に痛みを発症していきます。

炎症期は膝を曲げることも大変になり足を延ばした状態で歩行する特徴があります。

お皿の下は押されると痛みが強く、正座が困難になります。

 

なぜ、ももの付け根が引っ張られるのか?

色々な原因が考えられます。代表的な例は・・・

成長期はとても体のバランスが崩れやすい時期です。身長も急激に伸びたりすることもあり今までとは感覚が大きく変わる時期に入ります。

その為バランスを崩しやすい中でハードなトレーニングをすることで腰の周りから筋肉に負担をかけ続けることにより、踏ん張るための筋肉に力が入りにくくなり、ももに多大なる負担が蓄積していきます。

 

 

治療をせずに放置していくと筋肉の付け根の軟骨が大きく盛り上がりすねの上部がぽこんと飛び出てきます。(下図参照)

osgood01

痛みを緩和させようとももの筋肉を緩めた姿勢を取りがちになることで骨盤は前傾して腰痛などの要因にもつながってきます。

 

その為早期の治療をすることがもっとも大事です。

 

治療はいたってシンプルで腰回りのバランスをチェックして踏ん張れる環境を作ってあげたのちに、ももの筋肉の緊張をとることで回復していきます!

その際に当院ではハイボルト療法を使う事で以前では考えられない速度で治っていきます。

あとは生活動作や部活やスポーツによる環境やフォームの修正をする事で再発を防ぎ完治していきます。

 

特にスポーツをやっている子にはアフターケアがもっとも大切です。

スポーツをやる前は皆さん体操してくれているのですが本来はスポーツ後が特に大切になってきます!

走ることで筋肉には疲労が重なり、極度の緊張を作ってしまうと動きは狭くなり負担のかかり方が倍増してきてしまいます。

 

ストレッチの指導も徹底的に当院では学んでいってもらいます!

 

しっかりとメカニズムを理解して治療をすれば完治はできます。

早めの相談が早期回復につながります!お気軽にご相談ください!

 

※他の怪我の予防やパフォーマンスの向上をはかりたい方は楽トレがお勧めです!

 growth_pain_01



  • よくあるご質問
  • メールフォーム

対応症状一覧へ戻る

焼津のすぎうら接骨院 facebook

どんなことでもお気軽にご相談ください

  • よくあるご質問
  • メールフォーム

静岡県焼津市田尻北(JR東海道本線「焼津駅」から4.2km)駐車場5台分完備